×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

何かから逃げるように、夜道をただひたすら走った。どこまで逃げても夜は暗いままで、まとわりつくような淋しさは体中から抜けなかった。

めまぐるしく変わる景色の端で星が流れた。かけたい願いも見つからないまま、行きたい場所もわからないまま、ただ、ひたすら。

本当はわかっていたんだ、願い事はたった一つ。行きたい場所は地図よりもはっきりと。

あたしが走るのは決して積極的なわけではなくて、むしろひどく消極的であるがためなんだ。自らあなたの中に飛び込んでいく勇気なんかなくて、腕を掴んで引き止めてくれる誰かの腕を待っていた。走り疲れて動けないあたしを休ませてくれる広い胸がほしかった。

ただ立って待っている誰も来ない間が怖くて、あたしは走り出したんだ。それは単なる、強がり。

 「強がり」 06.05.29